[PR]ジャマイカで使われている言語 忍者ブログ //]]>

成田の散財月報

散らす財をくれ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サンニッパとサンヨン

航空や鳥などの飛びものを撮影する人にはちょいと短い300mmで悩んでいます。

SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011) を使っていて便利だなぁとは思うのですが、やはり画質が気になってしまいます。150-500の焦点距離は値段の割にそこそこ写ってくれます。500-600の焦点距離は正直使い物になりません。そうすると急にこのレンズの不満が色々と湧いてきたため、300mm単焦点レンズを買おう!ということになりました。

そこで、悩んでいるレンズを二本
・Ai AF-S Nikkor ED 300mm F2.8D II (IF) →25万
・AF-S NIKKOR 300mm f/4 FL VR(まだ発表すらされていない) → 25万程度(希望)
- 最短撮影距離は1.4m
- フィルターサイズは77mm


まずはF2.8のメリットを
・重量が2560gなので、サンニッパの中では軽量
・MTF曲線が上に張り付いている
・サンニッパという言葉の響きがいい
・デカくてかっこいい

そしてF4(予想されているスペック)のメリットを
・小型軽量!
・VRあり
・フィルターサイズが77mmなので使い回しができる

二つのメリットを比べることによって、自然とデメリットがわかってくるかと思われます。そもそも発売されてないレンズを比較してもしょうがないのですがね。

今までの経験上、大きくて重いレンズは持ち出すのが億劫になってしまって結局放流してしまうことになるので2.8を買うことは正直どうかと思っています。それに何代か前の型落ちのため、買ったところでVRがない、フレアがひどい等の不満が出ることは既に予想できます。しかし、それでもサンニッパが欲しくなる理由はカメラ好きのみなさんならわかってくれるでしょう。

もう一つ気になるポイントは、VRの有無です。これまでの撮影で何度VRに助けられたか。また、何回タムロンのVCに裏切られたか。ということを考えると今更VRなしのレンズを買うことはかなりチャレンジャーなのではないかと思っています。

そして最後に「2.8」という明るさは必要なのか。ということです。正直この時代のレンズは開放で撮影すると吐き出される画像は予想出来てしまい、多少絞って使うことになるでしょう。2.8という明るさは魅力的なのですが、2.8でビシッと決まってくれないと意味が無いと思います。そう考えると現代の新型レンズなら開放からでも難のない写りをしてくれるという考えから、最終的にはF4がいいのではないかという結論になりました。

結論を出したところでもう一つ邪念が....。「現行サンニッパなら2.8で使えるんじゃね?VRもあるよ」

しかし重いということに変わりは無いのでそれを理由に必死にサンヨンへ導こうとしているのですが、サンヨンを買ったところでどうせサンニッパが欲しくなってしまうのでしょうねぇ。

サンヨンがリニューアルされるまでもうちょっと考えてみようと思います。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[09/03 成田]
[08/19 sk]
[12/26 成田]
[12/24 名無しさん]
[03/31 送付状]

プロフィール

HN:
成田
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

Copyright ©  -- 成田の散財月報 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]