[PR]ジャマイカで使われている言語 忍者ブログ //]]>

成田の散財月報

散らす財をくれ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タムロン SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011) 外観レポ

(外観レポと言いながら写真集になりそうだなとタイトル書きながら思っていたり)

せっかく買ったのでD610に装着して写真を撮ってみました。


まずはワイド端 フードが長い


斜めから見た感じ


距離計 編集してる時に気づいたけど保護のシールが貼りっぱなしでした(笑)


VCやAF、フォーカスリミッタースイッチ周り
・フォーカスリミッターは FULL -15m -∞の三段階


テレ端 フード抜きの倍近い長さになります 


テレ端 斜め方向から


フードを外した状態。プロテクターはつけません。


上から見た感じ 凸凹してなくてなめらなフォルムですね


このレンズ、特殊なのかわかりませんがカメラに装着した状態だと三脚座の着脱ができません。写真の銀のネジが4つあり、それで固定している形になります(三脚座の回転も可)


取り外された三脚座 なんだか前のめりですね


三脚座ネジ部 ネジの取りはずしはできなく、パカっと開くこともできません。

最後にこれまでの感想をまとめておきます
AFが早い
 これはどの被写体を撮影する場合にも重要なポイントですし、当レンズの不安だった要素でもあります。AF-Cでもしっかり追従してくれました。
 白い車体×前照灯点灯でも迷うことなく追従してくれました。夜だと迷うかもしれませんが夜にこんな長くて暗いレンズをAFで使うことはないと思われるので問題なし。

・VCが強い
 600mmとなるとハスキー4段三脚に乗せてもブレる焦点距離になります。それを手持ちで撮るとなると晴れの日ならまだしも、露出のない状況だと厳しい物があります。流石にピタッと止まるわけではありませんがいい感じに補助してくれます。

・フードが丸型
 レンズ面を下にして置く場合、花型だと無理なのですが丸型だと高級超望遠単焦点レンズのまね事ができます(笑)
・画質
 フルサイズでも周辺光量の落ちはごくわずかでソフトでレンズ補正をする必要が無いレベル。これには驚かされました。中心部は純正70-300VRと同等かそれを若干上回る程度の写りに感じられました。色がしっかりと出てくれるので編集がしやすいです。
 

また、タムロンからはこんなご案内も
「SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD(Model A011)」をご愛用のお客様へ【流し撮り撮影時のご使用について】 [2014年4月28日]

上記サイトより引用

2013年12月に発売いたしました「SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD(Model A011)」のご使用におきまして、手ブレ補正機構「VC」のスイッチを「ON(オン)」で使用された場合、流し撮り撮影に対応していないことが確認されました。


取扱説明書には、「●VCは以下のような状況下で有効です。●移動被写体の流し撮りをする場合」と記載されておりますが、本機で流し撮りの撮影を行う際には、VCスイッチを「OFF(オフ)」にしてご使用いただきますよう、お願い申し上げます。


引用終了

せっかく超望遠を買ったので今までとは違う写真を撮りたいですね




PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[09/03 成田]
[08/19 sk]
[12/26 成田]
[12/24 名無しさん]
[03/31 送付状]

プロフィール

HN:
成田
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

Copyright ©  -- 成田の散財月報 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]