[PR]ジャマイカで使われている言語 忍者ブログ //]]>

成田の散財月報

散らす財をくれ

   
カテゴリー「その他」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

成田市制施行60周年記念 2014 NARITA花火大会in印旛沼 9th

9thといえばアイマスもついこの前9thライブをしていましたね。というかもう9年目なのね。

今年も成田の花火を撮影してきました。”11月4日の空 夜長に咲くきれいな花火 夏しか観れないそう想ってた スターマイン....”
って曲があるように、この時期にやる花火って結構珍しいですよね。蚊が少なくなってきてちょうどいい時期だと思います。 

で、会場周辺は路駐やら規制やらで大混雑。普段ガラガラな道がひたすら渋滞していましたね。私が通った会場周辺の細い路地では、左車線が路駐で埋まり、右車線はそれを追い越そうとする車で渋滞ができ、対向車線もそのままつっこみお互い動けなくなりどうしようもないことになっていました。

そんなこと原付の私には全く関係ないし

原付にハスキー4段を載せ、リュックにカメラ二台とレンズ四本を入れ、渋滞の無い印旛側の道を使って適当な田んぼで撮影してきました。



到着!
以下の写真は時系列順ではありません。文章が思いつかないので写真の羅列
D610+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II or D5300+24-85VRにて撮影


なんだか屏風絵の虎みたい





写真は以上となります。会場から離れていたので会場連動型の花火を楽しむことはできませんでしたが、今年もこの花火大会を見てやっと夏の終わりを感じました。

最後のスターマイン(まさにあきいろスターマインじゃん!)はなぜかブレブレで失敗。今回の撮影は結露させたりブレさせたりでダメダメでした。

来年は有料席に行ってみようかと。協賛桟敷席のSS席だと2万円だそうです。A会場の1万円の席でいいかな。大人四名だからA会場だと一人2500円だし。


ちなみに
SS 20000
S 15000
A 10000
A椅子 3000
B自由 5000
B立席自由 2000
の価格です。詳細は公式HPにて → http://narita-hanabi.com/sajiki


来年はもう写真撮らなくていいのではないかという感じも。もう5年間くらい撮り続けているし、出店をまわって地元の友だちとワイワイやるほうが楽しそうだし。

最近鉄道の写真が殆どないのでそのうちどこかに行ってきます。





PR

プレスカブの50cc買いました

最近日が暮れるのが早くなり秋というか冬を感じますね。そのせいで撮影にも全然行けてません(あんま関係ない)


たまに暇つぶしに飛行機撮ったりしてました


で、本題のプレスカブですが先週受け渡しされて一日目から40kmくらい走ってきました。スクーターとは違いギアがあるので乗ってて楽しいですね。


新聞配達で使われるバイクはだいたいこいつです。それと同じ型ですね

普通のカブとの違いはキャリアが長かったりポジションランプがあったり前カゴがあったりだそうです。バイクは詳しくないし嵌まりたくない(金銭的に)ので深入りしないでおきますw

早くこいつで撮影に行きたいですね

広島短距離交通瀬野線 スカイレールサービス

先日広島に行ってきました。その際に変わった鉄道に乗ってきたので動画と写真で紹介します。

瀬野駅で降りるとこんな表札(?)が



この勾配は某テーマパークのアトラクションを感じさせますね。


時刻表


券売機 タッチパネル式でした



飛行機に乗るときのようにQRコードをピッとスキャンさせる仕組みです。ICカードにも対応してます


切符はこんな感じ。裏は真っ白


みどり口駅ホーム とても綺麗でした


車内は座席8人分、立席が定員では17人分ありますがそんなに乗れないと思われます(笑)


車内に貼られていたやつ


銘板


出発


ぐいっと


終点 みどり中央 なんだか山万(ユーカリが丘線)を感じさせますね


頂上(みどり中央)からの眺め


結構高低差がありますね


みどり中央駅を発車する200形


意外とゴツイ上部

乗車した感想は思ったより揺れませんでした(揺れは結構あります) スピードを計ったところ17km平均くらいで運転されていました。

前面展望動画も撮ってきましたのでぜひ




ユーカリが丘線撮影

最近なんとなく撮り続けているユーカリが丘、そろそろ撮影地がなくなりそうです。



一発目 女子大駅-中学校駅
晴れると微妙な撮影地


ケツ撃ち 中学校駅-井野駅
長い上り勾配を登っていきます


ニ発目 公園駅-女子大駅


三発目 中学校駅-井野駅 
昼間にライトを点けるのはこの区間だけ!


四発目 中学校駅-井野駅 
この構図好きです

本日掲載した写真は全てD610+SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)にて撮影


タムロン SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011) 外観レポ

(外観レポと言いながら写真集になりそうだなとタイトル書きながら思っていたり)

せっかく買ったのでD610に装着して写真を撮ってみました。


まずはワイド端 フードが長い


斜めから見た感じ


距離計 編集してる時に気づいたけど保護のシールが貼りっぱなしでした(笑)


VCやAF、フォーカスリミッタースイッチ周り
・フォーカスリミッターは FULL -15m -∞の三段階


テレ端 フード抜きの倍近い長さになります 


テレ端 斜め方向から


フードを外した状態。プロテクターはつけません。


上から見た感じ 凸凹してなくてなめらなフォルムですね


このレンズ、特殊なのかわかりませんがカメラに装着した状態だと三脚座の着脱ができません。写真の銀のネジが4つあり、それで固定している形になります(三脚座の回転も可)


取り外された三脚座 なんだか前のめりですね


三脚座ネジ部 ネジの取りはずしはできなく、パカっと開くこともできません。

最後にこれまでの感想をまとめておきます
AFが早い
 これはどの被写体を撮影する場合にも重要なポイントですし、当レンズの不安だった要素でもあります。AF-Cでもしっかり追従してくれました。
 白い車体×前照灯点灯でも迷うことなく追従してくれました。夜だと迷うかもしれませんが夜にこんな長くて暗いレンズをAFで使うことはないと思われるので問題なし。

・VCが強い
 600mmとなるとハスキー4段三脚に乗せてもブレる焦点距離になります。それを手持ちで撮るとなると晴れの日ならまだしも、露出のない状況だと厳しい物があります。流石にピタッと止まるわけではありませんがいい感じに補助してくれます。

・フードが丸型
 レンズ面を下にして置く場合、花型だと無理なのですが丸型だと高級超望遠単焦点レンズのまね事ができます(笑)
・画質
 フルサイズでも周辺光量の落ちはごくわずかでソフトでレンズ補正をする必要が無いレベル。これには驚かされました。中心部は純正70-300VRと同等かそれを若干上回る程度の写りに感じられました。色がしっかりと出てくれるので編集がしやすいです。
 

また、タムロンからはこんなご案内も
「SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD(Model A011)」をご愛用のお客様へ【流し撮り撮影時のご使用について】 [2014年4月28日]

上記サイトより引用

2013年12月に発売いたしました「SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD(Model A011)」のご使用におきまして、手ブレ補正機構「VC」のスイッチを「ON(オン)」で使用された場合、流し撮り撮影に対応していないことが確認されました。


取扱説明書には、「●VCは以下のような状況下で有効です。●移動被写体の流し撮りをする場合」と記載されておりますが、本機で流し撮りの撮影を行う際には、VCスイッチを「OFF(オフ)」にしてご使用いただきますよう、お願い申し上げます。


引用終了

せっかく超望遠を買ったので今までとは違う写真を撮りたいですね




ユーカリが丘線

いい感じに時間が空いていたので撮影してきました


D610+SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011) 600mm

150-600を買ってまだ数十枚しか撮影してなかったためテストも兼ねてAF-C(追尾フォーカス)と絞り優先という設定で撮影。


D610+SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011) 240mm
引いてもう1発 田舎なのに高い建物がわりとあるユーカリが丘ですが屋根まで写る撮影地はなかなかありませんね。

・AF
白い車体×前照灯点灯でも迷うことなく追従してくれました。夜だと迷うかもしれませんが夜にこんな長くて暗いレンズをAFで使うことはないと思われるので問題なし。

・画質
フルサイズでも周辺光量の落ちはごくわずかでソフトでレンズ補正をする必要が無いレベル。これには驚かされました。中心部は純正70-300VRと同等かそれを若干上回る程度の写りに感じられました。色がしっかりと出てくれるので編集がしやすいです。

まだ雲なしの晴れの日で撮影できていないので早く晴れて下さい!



千歳基地航空祭 2014 タムロン150-600購入

今年も行ってきました。

前日に航空祭撮影のことを考えてたら「フルサイズ200mmじゃ足りなくね?」ってなったので急遽旅行先でSP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011) とかいう長いレンズを買ってしまいました。この焦点距離でこの安さだし写りには期待してなかったのですが意外にもよかったです。


航空機の知識が全くと言っていいほど無いので以下写真の羅列



まず150-600の感想
・AFが早い
これはどの被写体を撮影する場合にも重要なポイントですし、当レンズの不安だった要素でもあります。AF-Cでもしっかり追従してくれました。
・VCが強い
600mmとなるとハスキー4段三脚に乗せてもブレる焦点距離になります。それを手持ちで撮るとなると晴れの日ならまだしも、露出のない状況だと厳しい物があります。流石にピタッと止まるわけではありませんがいい感じに補助してくれます。
・フードが丸型
レンズ面を下にして置く場合、花型だと無理なのですが丸型だと高級超望遠単焦点レンズのまね事ができます(笑)
まだ数時間しか使っていないし、曇り空での撮影だったので写りについての感想はまた別に載せようと思います。
航空祭の感想ですが、どれがF-15でF-16なのかわからん素人なのですが去年に比べてやはり物足りない感じがありましたね。特にブルーインパルスの展示飛行はこれから始まるのかな?と思ったら降りてきてしまってポカーン状態でした。でも天気が悪いわけで自衛隊の方々が悪いわけではないので仕方ないですね。この手のイベントだと仕方ないと思うのですが割り込んでくるババアの鬱陶しいこと撮影してる航空ファンで目立ってマナーの悪い方はいなかったのでかなり平和な状態で撮影出来ました。割り込みには直接声かけてしゃがませました。後ろに行け!って言わずにその場でしゃがんで って言ったあたり私の優しさがにじみ出てると思います(黙)
おまけの鉄道。今回は寝台系は全く撮りませんでしたw





ではまた

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[09/03 成田]
[08/19 sk]
[12/26 成田]
[12/24 名無しさん]
[03/31 送付状]

プロフィール

HN:
成田
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

Copyright ©  -- 成田の散財月報 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]