[PR]ジャマイカで使われている言語 忍者ブログ //]]>

成田の散財月報

散らす財をくれ

   
カテゴリー「その他」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しばらく成田を離れます

予報だとなんともなかったのに朝起きたらめっちゃ雪が降っていてJRで東京駅に向かう予定だったのをアクセス線経由に変更しました。同行者たちも京成経由で行くよう連絡。

ガラガラの早朝アクセス特急で日暮里に向かいました。東松戸あたりで運行状況を眺めていたら「成田線 安全確認」とのことだったので調べてみたら元々乗る予定だった列車が安全確認の当該だったようです。日暮里で京浜東北線に乗り換えて東京駅に着きました。

東京駅からは上越新幹線で新潟まで。上野も高崎も通過して快適でした。

これに乗りました(適当)
新幹線は全然知識がないので何がなんだかわかりません。ときっていう列車だったので2階建てなのかなと思っていたらそれはMAXときだったんですね。


長岡通過前の景色。めちゃくちゃ晴れていました。


東京駅ホームで買った朝食。紐を引っ張ると温まるタイプのは売っていませんでした。

新潟に到着し、送迎バスで自動車学校へ。免許を取るための教習を受けに新潟に合宿しに来ています。


ひと通り説明を受けてホテルに戻りました。

普通のビジネスホテルです。合宿寮に宿泊する予定だったのですがもともと寮にいた人の卒業が遅れ、2日間だけホテルに泊まるという措置を取られました。今は寮から更新していますがホテルのほうがいいです(笑)

合宿の話はまた今度。ストレートで行けば月末に帰れる予定ですがどうなることやら......。
PR

2014年成田臨

本日は3本来ました。


一発目はE653系 @下総松崎-成田 西野内踏切
[D610+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II]
手持ちで撮ったら微妙な感じに。今日は踏切の真横から撮影しました。


185系 @下総松崎-成田 西野内踏切
[D610+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II]
今日は6両でした。そして回送幕。6両のほうがかっこいいかも?


185系 @下総松崎-成田 郷部大橋俯瞰
[D610+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II]
今年初の郷部大橋俯瞰。そして団体幕。

今年は去年より成田臨の撮影回数多いかもしれません。去年はいろいろやる気が出なかったので今年はやる気を出していきたいと思います(目標)





機材入れ替え

そう言えばレンズをAF-S 70-200 F4G VRからAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIに買い替えました。

F4に大きな不満があったわけではないのですがやっぱり最上位を使いたいって気持ちがあり購入してしまいました。

購入に迷ってる人がいるかもしれないので(ここ見てるかは微妙だけど)比較してみます。


大きさはこんな感じ。花形フードのほうが2.8+D610で丸型が4+D90

太さが全然違いますね。F4はマウントからまっすぐ伸びていく感じですが、F2.8はマウントから一段太くなってもう一段太くなっている感じです。

重さ F4はVR 70-300と同程度の感覚で使えますが、F2.8はかなり重いです。私が貧弱なせいか振り回してると腕が痛くなります。

AF-S 70-200 F4G VRの良いところ
・コンパクトで軽量→気軽に持ち出せるのでいいです。
・VRが強力→あまり手持ちで撮影しませんがテストした時は200mmで1/10でもブレませんでした。
・寄れる

AF-S 70-200 F4G VRの気になる所
・三脚座が別売り→いらない人もいるのでこれでいいのかもしれません
・周辺光量が結構落ちる→ソフトで補正できますが、仕事で撮って出しの人は気になるかもしれません。
・見た目が微妙(失礼)→このクラスのレンズになると所有欲を満たしてくれるデザインの方がいいですよね。しかしこればかりは好みなのでなんとも言えないですね。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIの良いところ
・キレキレの描写→今まで使ってきたレンズの中で一番いい描写をしてくれます。周辺までバッチリ。
・VRが強力→F4よりちょっと弱い感じもありますがピタッと止まってくれます。
・見た目がかっこいい→これ大事
・三脚座が組み込まれている→脚の部分だけ外せて便利です。回転もできます。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIの気になる所
・重い→しょうがない
・フードが浅い→APS-Cでも大丈夫なように設計されているせいか、フルサイズだとほとんど意味がありません。なので私はHB-24(AF VR ED 80-400mmDズーム用)の丸型フードを購入して改造して装着することにします(今注文したばかりなので後日レポします)

逆光耐性はどちらも高いです。

どちらが悪くてどちらがいいって結論は出しませんが比較するとこんな感じです。気軽に持ち出したいならF4、本気モードはF2.8って使い分けもいいですね。

機材を評価するほどの腕もないですが、ほとんどどちらも使っていないので積極的に持ち出したいですね。

メーカーからお金貰ったりしているわけでは無いのでご安心を。(ニコンの方見ていたら粗品お願いします)

まとまらない記事でしたがまたなんか比較したいと思います。

銚子ポートタワーに登ってきた

何回も銚子に行ってる割に記憶の中では初めて登ってきました。


ウォッセ側から行ったので案内看板に従って進みます。


エレベーターをご利用ください。


故障中。。。


ってことで階段で入り口まで登ります。4階程度でしたが意外と辛いです。


通路の奥まで行くと入り口が見えます。


ようこそ銚子ポートタワーへ の看板が迎えてくれます。


料金はこんな感じ。350円払ってエレベーターへ向かいます。


流石に展望デッキまでのエレベーターは壊れてませんでした。(一応階段もあります)


降りてすぐ右を向くと海が綺麗に見えます。


デッキからは筑波山も見えました。条件がいいと富士山も見えるそうです。


銚子周辺は風力発電だらけになりました。昔は2機しかなかったのに今は数えるのが大変なレベルであります。


売店 アイスクリームとか売ってました


犬吠埼側 わざと人がいない時に撮りましたが、結構混んでました(4組はいた)


若干懐かしさを感じるものも


順光側(北の方角)


二周くらい回って退場。


外から見るとこんな感じ。


銚子ポートタワーは57.7mあるみたいで、周りに高い建物がないため眺めは良いです。相変わらず文章力が無い為画像を貼りまくって終わり。

3618編成の緑帯が標準に戻って出場したのできれいなうちにそれを撮りに行ってみようかな....。

本日の機材
【D610+VR 24-85mm】
【D610+12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM 】
【D610+AF 300mm F4】

ユーカリが丘線 イルミネーションHM掲示


今年もやってました。別にこれを撮るために行ったわけじゃないんだけどたまたまいい時間だったから撮影。あんまりHMが目立たないからまたリベンジしたいけどもう今更感....。

因みに正月はしめ飾りが取り付けられます。意外と小変化が多いユーカリが丘線ですが撮ってる方は見たことないという。たまにはこういった変わったのを撮るのも面白いですよ(ステマ)


ユーカリが丘駅前のイルミネーション

銚子のミヤスズ自己破産へ

??っていう記事ですが、昔から見てきたスーパーなのでつい。


帝国データバンク千葉支店によると、食品スーパー運営のミヤスズ(銚子市)は17日までに、事業を停止し自己破産の準備に入った。負債額は約20億円に上るとみられる。

 同社は銚子市や旭市などに直営の食品スーパー13店を運営。前身の同名会社(1963年設立)が大型店との競合激化などで経営不振に陥り2010年12月、新たに設立された同社が負債を除く事業を引き継いだ。会社分割後の前身会社は11年2月に特別清算を開始した。

 しかし、前身会社の破たんで信用不安が発生。設備更新や業者との取引が円滑に進まないため、不採算店舗が増加した。13年2月期の売上は約55億円となっていた。県中小企業再生支援協議会から再建に向け支援を受けていたが、再スタートから約3年で限界に達した。

千葉日報社ニュースより
http://www.chibanippo.co.jp/c/news/economics/156809


店の前には物々しい張り紙が。因みに全店舗本日17時で閉店とのことです。


外川東店。銚子電鉄外川駅から徒歩三分


商品が殆ど無い状態でした。


新生店。銚子銀座のところです。


支流弾....?

 
銚子駅前店


閉店アピールしまくり


財務局から商品券についての案内


最後に三崎店


堂々たる風格



冷やかしで行ったわけではなくしっかり買い物もしてきました。

戦利品






以上

北千葉道路工事パート3(千葉ニュータウン 印旛沼側)

いまさらですがパート3。今日行ってきたのでまとめます。


湯川側から順に掲載していきます。


松崎本線函渠

 
松崎集水路橋(下り) 右はスカイアクセス線


まだプレートがつけられていませんでした。


松崎集水路橋(上り) こちらはまだ未完成でした。


北須賀付近


印旛沼渡河橋


印旛捷水路橋(7号)のニュータウン側。

-ここから引用
工事概要
本工事は北千葉道路下り線(仮称)印旛沼捷水路橋(7号線)のPD6橋脚の工事です。

工事の課題

印旛捷水路河床から30m以上が軟弱地盤のため、仮締切併用の鋼管矢板基礎を計画した。施工中において、基礎の内側を掘削したところ掘削底面から異常出水が発生し、工事の続行が難しくなりました。

対応策
詳細な地質調査を実施したところ、局所的な軟弱層と被圧地下水の存在が明らかになった。これにより当初計画の基礎構造では支持力が不足するため、出水により緩んだ部分を地盤改良で固め、鋼管矢板基礎内に鋼管杭を増設した。

施行報告
地盤改良体積1,000㎥、増設した杭は杭長41mで全9本になった。補助工法・補強杭による対策を経て、PD6橋脚が完成した。
-ここまで引用

印旛沼漁協の資料より引用。


印旛捷水路橋(13号) ここらへんはだいぶ前から目に見える部分で工事は進んでないようですね。前来た時とあまり変わっていません。

これ以上奥は別の方に任せましょう(丸投げ)
資料が何枚か手に入ったので今回から正式な名称で掲載できます。


続きはまた次回。




カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[09/03 成田]
[08/19 sk]
[12/26 成田]
[12/24 名無しさん]
[03/31 送付状]

プロフィール

HN:
成田
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

Copyright ©  -- 成田の散財月報 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]