[PR]ジャマイカで使われている言語 忍者ブログ //]]>

成田の散財月報

散らす財をくれ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中川かのん 2ndアルバム Colors

久々にオーディオネタを。
ポタアン使ったり高めのDAP買ってみたり、再生機器側はいろいろと試行錯誤して組み合わせを考えられるのですが、問題の音源がダメだと元も子もないですよね。ラブライブとか

そこで最近Twitterで話題になってるのが録音のいい音源。私はアニソンしか聞かないのでアニソンでしか比較できないのですが、その中でも音が良いと感じたCDをピックアップしてみます。

1stアルバムのBirthも悪くは無いのですが、2ndアルバムのほうが曲の良さも相まってよりよく聴こえました。

そもそも音が良いとはなんなのかというところから始めると私の知識が足りず、説明ができないので「私の耳」で気持よく聞けた。という判断基準でよろしくお願いします。音質レポというより曲紹介みたいな感じで。

環境
・P8H77-V直→Lepai LP-2020A+→LS-H265
・Ak100mk2→Earmo Tune4、CD900ST
・NW-A10→Earmo Tune4、CD900ST
・iPodClassic→PHA-2→Earmo Tune4、CD900ST

中川かのん starring 東山奈央 Colors
1.青春パラダイス
作詞 zopp
作曲 福本公四郎
編曲 前口渉
アルバム一曲目を飾る曲。明るいテンポのいい曲で、頭の「待たせてごめんね」というフレーズはBirthから今までの期間のことを指すのかと思わせるような歌詞。
この曲はドラムの音が心地よく聞こえます。Bメロの最後の部分からサビにかけての盛り上がり方が好きです。季節は4~5月でしょうか。

2.かのん100%
作詞 zopp
作曲 田中俊亮
編曲 渡辺拓也
2曲目はかのん100% 自分の名前が曲に入っています。
季節は「キモチ くもり空 降りだす雨」や「冷たい 向かい風 作り笑い」のあたりや、かのん100%のOVAのOPの映像を見たところ、梅雨の季節を連想させられました。
中川かのん役の東山奈央さん曰く「音が喜んでいる」と表現されていました(2012年11月27日 2hより)
アイドル!って感じの曲で非常にノリがいいです。分離感が良いためか、ギターの音色が非常に良く聞き取れます。

3.君色ラブソング
作詞 zopp
作曲 渡辺翔
編曲 佐々木裕
かのん100%のED曲。作曲はニセコイの作詞作曲を担当された渡辺翔さん。想像ダイアリーはとてもいい曲だなと思っていたらまさかのかのんちゃんの曲も作ってたという。
これまでの2曲とは違い、おとなしい曲調。また、曲のはじめはモノクロを意識させるようなエフェクトがかかっていて、おしゃれな曲になっています。
この曲もドラムが心地よく聞こえます。季節は「梅雨空バイバイ」と歌詞の中にあるので7月あたりでしょうか。

4.夏色サプライズ
作詞 zopp
作曲 渡辺拓也
編曲 渡辺拓也
曲名からもわかるように、ここから一気に夏になります。私はこのアルバムの中で一番好きな曲です。
このアルバムの曲って歌詞を見るとそこからそのシチュエーションが浮かんでくるんですよね。そういう歌詞っていい歌詞だと思うんです。
付き合いたての恋人か、そういう関係になりそうなカップルの曲です。青春を感じさせますね(遠い目)

5.サマーボーイ
作詞 zopp
作曲 lotta
編曲 佐々木裕
この曲も夏の曲ですがアップテンポの曲ではないです。この曲は「残暑」という歌詞があるので9月頃でしょうか。
この曲の歌詞を説明できる経験は持ち合わせてないのですが、なんというか片想いの曲なのでしょうか。憧れていた先輩を忘れられない的な....。
音の方ですが、非常にバランスがいい曲だと思います。どの楽器が主張するとかがなく、コーラスもしっかり聞き取れます。

6.ろまんてぃっく愛情
作詞 zopp
作曲 川崎里実
編曲 佐々木裕
今までの曲とは一転し、大人っぽいかのんちゃんの歌声になりました。Lchから聞こえるパーカッションの音のせいか、とても解像感のある曲です。
2番Cメロの「ねぇ 繋いだ手を 離さないでね」のあたりの歌い方が非常に良いです。季節は「夕陽」「冷たい風」などのワードや前の曲から考えて10月頃でしょうか。

7.秋色片想い
作詞 zopp
作曲 野井洋児
編曲 増田武史
秋の曲。この曲も大人っぽい曲になっています。アコースティックギターや重厚感のあるパーカッションが歌詞と合っていますね。
これは歌詞からもわかるように片想いの曲なんでしょう。となるとサマーボーイも片想いの曲ということで正解なのでしょうか。

8.瞳からスノー
作詞 zopp
作曲 川崎里実
編曲 増田武史
このアルバムで二番目に好きな曲です。さっきも書いた歌詞からシチュエーションが....というのがよく分かる曲かと思います。
一緒にデートに来たけどもしかして別れ話...?みたいな曲です。ストリングスのおかげか、壮大な感じに聞こえます。季節は11~12月でしょう。

9.恋に落ちたサンタ
作詞 zopp 
作曲 福本公四郎
編曲 大久保薫
Merry Christmasから始まるこの曲。いまの季節にぴったりな曲ですね(この記事書いたのは27日だけど)
ろまんてぃっく愛情から瞳からスノーまでバラード調の曲でしたが、この曲はBirthのウラハラブのようなテンポのいい曲。
クリスマスが楽しみな子供っぽいかのんちゃんの歌声が聞こえてきます。2ndライブではこの曲でタップダンスしましたね。
季節はまさにクリスマス。

10.バレバレバレンタイン
作詞 zopp
作詞 しほり
編曲 増田武史
このアルバムに限らず、かのんちゃんのアイドルソングってちょっと古くさい感じがしますよね。私は昭和に生きていませんので逆にそれが新鮮に聴こえます。
最近のアニソンはこういった古くさい曲調にするものをよく見ますが、昭和の人は「懐かしい曲調だな」と感じ、平成の人は最近の曲調とは違う、
自分はリアルタイムで過ごしたことがない「昭和」を感じさせてくれると思います。
そんなこの曲、年をまたいで2月の曲になっています。チョコを渡したいけどなかなか渡せない。渡せた時に告白したらその場でOKをもらえた。みたいな曲です。

11.桜色卒業
作詞 zopp
作曲 川崎里実
編曲 前口渉
学校で使えるような卒業式ソング。高校の卒業式の日は電車の中でこの曲を聞いていました。
卒業ソングとのことで、歌詞は定番の進路は皆違うけど心は1つだよ。また会おうね。みたいな感じです。
CDシングル盤にはピアノ伴奏版も収録されていてそれはまさに卒業式にピッタリな曲でした。

12.歩いていくもん
作詞 zopp
作曲 田中俊亮
編曲 渡辺拓也
卒業式が終わった後の曲でしょうか。それとも卒業してから次の進路へ進むまでの春休みの季節でしょうか。そんな曲です。
歌詞や曲調は非常にポジティブで「アニソン」という括りで終わりにするのは非常にもったいない曲だと思います。
と、簡単に曲のレビューをしましたが発売されたのが2013の10月のアルバムなのです。発売されてすぐこの曲達を聞きましたが、それから毎日のようにこのアルバムを聞いています。
いつか曲のレビューをしようと思って1年。今更ですが文字にしてみました。私がおすすめのアニソンを聞かれたら絶対にこのアルバムを推します。それほど気に入っているアルバムです。

自分の知っている曲でこのアルバムより音質のいい曲はあるのですが、曲の良さや推しの声優とのことがあって今回紹介しました。
このような形で紹介する機会があるかはわかりませんが、またできたらやってみようと思います。興味があったら是非聞いてみてください。







PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[09/03 成田]
[08/19 sk]
[12/26 成田]
[12/24 名無しさん]
[03/31 送付状]

プロフィール

HN:
成田
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

Copyright ©  -- 成田の散財月報 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]